ワキガ対策の食べ物

ワキガの原因は食べ物にあった?嫌な臭いを防ぐ対策法とは?

 

 

ワキガの原因は、アポクリン腺から発生する汗であることが判明しています。

 

この汗は普通の人であれば基本的に無臭なのですが、
汗に含まれている脂質やタンパク質などの成分が皮膚の常在菌により
分解されることでワキガ特有の嫌な臭いに変化してしまいます。

 

 

ワキガの対策方法として代表的なのが
アポクリン腺を刺激しないことが挙げられます。

 

 

具体的には、アポクリン腺の成分である脂質やタンパク質などを
多く含む食べ物を控えるということです。

 

 

特に、お肉などの動物性脂質はワキガの原因になりやすいので注意が必要です。

 

また、カレーやキムチ鍋などの香辛料を多く含む食べ物もアポクリン腺を刺激しやすいため、
ワキガの方は避けた方が良いでしょう。

 

 

中には、食べ物に制限をかけすぎたあまり
ワキガが酷くなったケースも存在します。

 

 

ワキガ対策として普段の食べ物を見直すのは良いことですが、
バランスの良い食事をすることが重要です。

 

脂質の摂取が不十分になると、皮脂の表面に存在する皮脂膜の機能が
低下し汗の臭いを抑えることが出来なくなります。

 

 

そのため、欧米型の食事ではなく日本人の体質にあった和食をメインにした方がワキガ対策には有効です。

 

 

意外に見落としがちな対策方法があり、
それが食べ物を摂取する時間帯です。

 

 

ワキガの方は夜遅くに食事をしてしまうと、
内蔵に負担がかかりワキガが酷くなる場合があります。

 

 

内蔵は食べ物を消化するのに常に働いている状態なので、
夜は休ませてあげる必要があります。

 

 

もし嫌な臭いで悩んでいる方がいるなら、
今日からワキガ対策をして1日でも早く改善するよう心掛けましょう。

 

 

すぐに効果が現れるわけではありませんが、
継続して対策することがワキガには重要なポイントです。